建設・工務店|軽井沢の建築で真壁がぴったりな理由

  • トップページ
  • 運営会社
【無料の企業PR広告】

【無料の企業PR広告】

■該当件数4件 | <前へ | 1 | 2 | 3 | 4 |
TOP > 建設・工務店 > サイエンスホーム軽井沢店

軽井沢の建築で真壁がぴったりな理由


現在では、どこの建築でも大壁を基本としていきます。広く見せようとするだけではなく、合理的に利用できるようにしたというのが理由のひとつでしょう。ですが、どんな建材を使っているのかを見せないようにするという意味すらあります。建築後には見えなくなってしまうのですから当然です。ですが、日本の建築物が、なぜここまで長持ちしてきたのかも考えるべきでしょう。高温多湿でもあるのにもかかわらず、100年を超すような耐久性を持っているのは、真壁構造だったからです。これを湿度の多い軽井沢でも考えてみる必要があるでしょう。室内に湿度があっても、真壁であれば、木材が調湿機能を働かせてくれます。軽井沢のように高湿度地域でも、この構造は生きてくるのは当然です。そのうえで、風通しのいい吹き抜けを作っておけば、悩まされることも少なくなるでしょう。軽井沢という地域だからこそ、長寿命で住みやすい空間としても真壁が生きてくるのは間違いありません。