群馬県|整骨院での群発性頭痛 太田市 かわうちはり灸整骨院

  • トップページ
  • 運営会社
【無料の企業PR広告】

【無料の企業PR広告】

■該当件数1件 | 1 |
TOP > 群馬県 > かわうちはり灸整骨院

群発性頭痛

整骨院での群発性頭痛 太田市 かわうちはり灸整骨院



群発性頭痛とは・・・
群発頭痛は、眼窩(がんか)周辺から側頭部にかけて
短時間のキリキリと突き刺すような激しい痛みが起こります。
数週から数ヵ月の群発期間中、毎日出現する頭痛で
夜間・睡眠時等の決まった時間に頭痛発作が起こりやすいのが特徴です。
頭痛は一側性で、頭痛と同側の眼球結膜充血、流涙、鼻汁、鼻閉等の自律神経症状を伴います。
眼の後ろ側を通っている内頸動脈が拡張して炎症を引き起こすため
目の奥が痛むことが多いといわれています。
群発頭痛の有病率は、0.056%〜0.4%程度(1000人に1人程度)と報告されています。
20〜40歳代の男性に発症することが多く、男性における有病率は女性の3〜7倍です。
飲酒が発作を誘発することが多いため、発作期間中は禁酒するよう指導が必要です。

群発頭痛は、片頭痛よりもさらに激烈な非拍動性の痛みを呈します。
その痛みは「ドリルで目の奥をえぐられるよう」と表現されるほどで
発作時は痛みのためにじっとしていることができず、頭部を叩いたり、壁や柱に頭を打ちつけたり、頭を抱えて部屋中を動き回ります。
QOLの低下は片頭痛よりもさらに深刻です。
他の頭痛との鑑別は容易ですが、三叉神経痛とは症状が類似しています。
発作持続時間は群発頭痛が1〜2時間であるのに対し
三叉神経痛の痛みは続いても数秒と異なるため鑑別は可能です。